カンジダ菌の治療薬は、泌尿器科や婦人科や内科で処方されます



カンジダ菌は、常在菌です。つまり人間の身体に、常に存在している菌です。通常は、全く害をなすことはありません。しかし抵抗力が下がったり不衛生にしていたりすることで、異常に増殖すると、害をなすことがあります。


男性の陰部で増殖した場合は、亀頭部分に赤い発疹ができ、やがて皮膚がはがれます。女性の陰部で増殖した場合は、刺激臭のある白い粒状のおりものが大量に出てきます。いずれの場合も、刺すような強いかゆみがあります。


陰部だけでなく、カンジダ菌は目や頭皮や口でも増殖します。胃や腸や食道に影響を与えることもあります。一般的には陰部に症状が起こることが多いため、泌尿器科や婦人科で治療がおこなわれているのですが、内臓に影響が出た場合は内科を受診することになります。


治療には、抗真菌効果のある薬を使用します。肌に直接塗るタイプが一般的ですが、膣内に挿入するタイプや飲むタイプの薬もあります。いずれも効き目は高く、数日程度で症状はおさまります。しかし再発しやすいので、免疫力を低下させないよう生活することが肝心です。

◆centralfloridatrackacademy.comオススメページ一覧◆

SUB MENU

おすすめサイト